制作スペースと環境です。


ろくろ

三台の電動ろくろを用意しています。
ご自由にお使いください。

道具、書籍類

竹べらは竹から削りだしたもの。
カンナは帯金を叩いてグラインダーで成形し、ヤスリで研いで刃をつけたもの。
しっぴき、弓、コテなども手作りです。
市販の大量生産品とは違う、本物の道具の使い心地をお試しくださいな。
森魚文庫は、陶芸専門書が200冊ほど。
工房にあるものはお好きに手にとって、自由な発想と確かな知識を身につけていってください。

粘土

よく使う粘土は8種類(美濃、益子、信楽、磁器土など)ですが、その他各地各種の土をそろえています。
茶陶用の土や、真っ黒な土、土鍋用の耐熱土など、特殊なものも用意していますので、自由にお選びください。

釉薬掛けスペース

25種類程度の釉薬を用意しています。
白化粧、黒化粧は、スタッフの調合によるものです。
いずれも、徐々に種類を増やしていきたいと思っています。

制作スペース

ゆったりとした空間、くつろいだ雰囲気で創作していただきたいと思っています。

 


東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園トップページへ

inserted by FC2 system