陶芸教室のカリキュラムです。


  

コンセプト

工房では、みなさんの自由な創作をムネとしています。
「これをつくりたい」と言っていただければ、「こんな成形法で、こんな装飾をしたら?」と助言ができますし、発想はひろがっていきます。
あらかじめつくりたいもののイメージをあたためてきていただくと、受講は充実したものになります。
スタッフにできることは、その応援です。

多彩な技法を網羅したカリキュラムを、初級編、中級編、上級編、ろくろ編と用意しています。
が、口出し無用を希望される方には、自由な創作をしていただいています。

誰もが、自分のつくりたいものを持っています。
それをこそつくるべきだと思いますし、また、別に興味のないものをつくる必要もないと思います。
つくりたいものがまったく白紙という方には、基本カリキュラムを道すじとして示させてもらいますが、マニュアルにこだわることなく、各生徒さんによって柔軟に対応しています。
どんどんわがままを言っていただき、よりよい作品づくりを、また雰囲気づくりを、と考えています。

参考作品

生徒さんの作品は、ギャラリーページ「けっさくWorksに順次載っけさせてもらっています。
そちらもごらんください。


  
手びねりによる器。マグに、抹茶碗、一輪挿し。
・・・
  
染め付けの絵皿。ワンポイントも可愛いけど、コテコテに描きこむもよし。
・・・
  
タタラ成形したお皿。ぞうがんに、葉っぱプレスに、色絵付け(下絵)。
・・・
  
タタラの板づくりを展開すれば、どんな形にも。
・・・
 
さらに展開して、時計に。ムーヴメントもご用意できます。
・・・
  
薪窯作品。年に二度の機会があります。
・・・
  
土鍋には、専用の土をご用意。緋だすきに志野まで焼ける還元炎焼成は、3ヶ月に一度。
・・・
 
思いついたものを、手が動くままにおつくりくださいな。
・・・
  
もちろん、電動ろくろもご自由に。スタッフが懇切丁寧に指導させてもらいます。
・・・
  
どうぞフリーな心で。たのしい時間を過ごしていただけますように。
・・・
 
  
最後に、上級者たちの傑作選を。みんな最初は素人さんだったのですよ。
精進は尊いですね。なにより、たのしく。それがいちばんです。


東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園トップページへ

inserted by FC2 system